審美治療について
トップページ > セラミックによる審美治療

セラミックによる審美治療



クボタ齒科醫院・SANZEインプラントセンター歯科では、審美治療をおこなっています。
最新技術を利用して、「インレー」でも審美的な修復が可能となりました。
「インレー」とは、少し大きな虫歯がある場合、虫歯の部分を削った部分に、型をとって鋳造した金属をはめ込む治療法です。健康保険で使用するインレーの材料は、パラジウムと言いますが、金属色になるため、審美的ではありません。セラミックは、色調や透明感を天然の歯と同じように製作できますので、治療をしたと分からないように治療できます。また、セラミックは金属ではありませんので、金属アレルギーの方でも安心して治療していただけます。

セラミック・インレーの特徴
利点
美しく、ほとんど変色しません。
汚れ(プラーク・着色)が付きにくい材質です。
金属を使用しないため、歯や歯肉の変色、金属アレルギーがありません。
欠点
金属と比較すると、割れやすいことがあります。
歯を削る量が少し多くなります。

歯科審美治療の例

■セラミックインレーの治療例

症例1


術前 befor


術後 after

症例2



術前 befor



術後 after