義歯(入れ歯)について
トップページ > 義歯(入れ歯)について

義歯(入れ歯)について

従来の義歯でお困りの方には、新しいタイプの義歯、最新式の審美&快適性向上技術をオプションとして準備しています。

ホームホワイトニング

■金属床義歯(薄く・軽量な義歯)

義歯の厚みが違和感と感じる部分を、薄い金属に置き換えて厚みを薄くすることが可能です。
特に上顎で面積が広い総義歯などは、厚みも薄く、重さも軽量化することができます。


利点
  • 薄いため、軽量で発音も楽になります。
  • 金属で強度も高いため、義歯の寿命が長い。
  • 金属の性質上、冷たい・暖かい感覚が得られます
欠点
  • 金属部分の調整が難しい。
  • 通常のレジン義歯と比較して高価になります。


 料金:一顎 250,000円(税別)
カラーリング費用込み
印象料金・各個トレー代別途
※参考価格 自由診療によるレジン義歯50,000〜100,000円


■ノンクラスプデンチャー(金属バネの無い義歯)

この義歯は、バネの部分に金属を使用しないため、お口の中へ装着してもほとんど目立ちません。色は、歯肉と同じピンク色と透明なクリアー色があります。装着しても目立たないのが特徴です。素材も柔らかく大きく曲げても割れることがありません。
 ただし、材料の組成が、従来の金属を使用した義歯と比較して劣ります。平均寿命は3〜5年程度と御考えください。

利点
  • 金属のバネがないので、審美的で、自然な感じになります。
  • バネと比較して、歯や歯肉との密着感が優れています。
  • 通常の自由診療の入れ歯に比較して安価です。
  • 必要な部分だけ、従来タイプの金属材料と組み合わせることが可能です。

欠点
  • 平均耐用年数が、3〜5年とお考えください。
  • 壊れた場合に、修理は出来ません。
  • 将来的に、他の歯が抜けて設計デザインの変更が必要になった場合、新しく作り直す必要があります。
  • 歯や歯肉と密着しているため、綺麗にお口を清掃する必要があります。
 料金:一顎片側 45,000円(税別)、一顎両側 80,000円(税別)
印象料金・各個トレー代含む。
※このタイプで、総義歯はできません。


最新式の技術

■カラーリングデンチャー(エステティック義歯・審美義歯)

従来の義歯表面は、ピンク単色一色で見た目に、人工物であることはっきり印象づけるものでした。カラーリング技術を使用して、義歯表面に難色ものプラスティックや繊維を塗布して、歯茎の色や内部の血管を表現する技術です。
利点
  • 審美的で、自然な感じになります。
  • 部分義歯、総義歯など、あらゆるタイプの義歯に適応させることができます。

欠点
  • 日々の御手入れで、義歯表面を強く擦ると、表面が剥離する場合があります。
  • 平均耐用年数は、3〜5年とお考えください。

 料金:義歯料金 + 一顎 20,000円(税別)
歯科技工料金・材料代含む



■シリコンデンチャー(シリコンで裏打ちされた義歯・快適性の高い義歯)

従来の入れ歯は、歯茎にあたる部分は固いプラスティックや金属でした。このタイプは、柔らかい素材のシリコンを採用しています。そのため、入れ歯が柔らかい粘膜や固い骨にあたった際の痛い感覚が少なくなります。


利点
  • 歯や歯肉との密着感が優れています。
  • 柔らかい粘膜や固い骨とこすれて痛むことは少なくなります。

欠点
  • 歯や歯肉と密着しているため、綺麗にお口を清掃する必要があります。
  • 平均耐用年数は、3〜5年とお考えください。

※なお、劣化した場合、シリコンの部分だけ修理することが可能です。
 料金:義歯料金 + 一顎 35,000円(税別)
歯科技工料金・材料代含む
※この技術は、ほとんどの義歯に応用可能です。



カラーリング・ノンクラスプ・シリコンの技術は、組み合わせて色々な義歯を製作することが可能です。(例。メタルフレームデンチャー+カラーリング+シリコン)