トップページ > インプラントについて|本院の治療例

本院の治療例


これらは、多くの治療バリエーションの、ほんの一部です。
治療期間、治療予算、医学的状況・社会的状況を考え合わせながら、治療計画を患者様と共に作成していきます。
場合によっては、インプラント手術後、ただちに仮歯を装着して食べていただける “即時負荷法:イミーディエィトローディング法”も選択可能です。

歯が生まれつき無い場合(先天的歯牙欠損症例)

この患者様は、生まれつき歯が2本無く、矯正専門医によって、矯正治療を受けた患者さんです。
当時高校を卒業したばかりの患者さんは、矯正治療終了後、私を紹介され、来院されました。
従来はこの様なケースでは、ほとんどがブリッジにより治療されていました。しかし、せっかく美しい、無傷な両隣の歯を削らなければなりません。インプラントを用いた治療では、一切ほかの健康な歯を傷つけることなく治療が可能となります。


術前 befor

術後 after

歯が1本抜けた場合(単独欠損症例)

このようなケースも従来は、多くがブリッジにより治療されていました。
しかし、ブリッジによる治療は両隣の健康な歯を削らなければなりません。
インプラントを用いた治療では、一切ほかの健康な歯を傷つけることなく、機能と審美の回復が可能です。


術前 befor

術後 after

歯が部分的に抜けた場合(部分欠損症例)

いままでは、入れ歯による治療が主流でした。しかし入れ歯は、金属のフックや床が邪魔になったり、残っている歯に負担をかけてしまいました。また入れ歯ではどうしても味覚が上手く感じられません。インプラント治療では、下の図のようにブリッジで機能回復できます。審美的にも入れ歯の様にバネやフックが見えることもありません。
この患者さんも、術後とても味覚がよく感じられるようになったと言われました。

症例1

術前 befor

術後 after
症例2

術前 befor

術後 after

歯が全部抜けた場合(インプラントによる固定式ブリッジ)

従来は、歯がすべて無くなってしまった場合、“総入れ歯”しか治療方法がありませんでした。現在ではインプラントを用いて、多様な治療が可能となりました。“入れ歯はいやだ”と思われる方は、インプラントブリッジも可能です。また、“入れ歯は大丈夫だけれど、もう少しよく噛めて、小さくして欲しい”と思われる方にはインプラント支持の入れ歯をお勧めします。


術前のレントゲン写真



この患者さんは今まで総入れ歯を使用されていました。






術前 befor

術後 after

術後のレントゲン写真

補綴終了後

歯が全部抜けた場合(インプラントによる義歯)

インプラント義歯では、インプラントは入れ歯を維持し、安定させるために使用されます。安定することで、粘膜とこすれて傷ができたり、入れ歯の下に食べ物が入って痛くなったりすることから解放されます。インプラントの上部と、義歯の内側に、連結システムが作られ、これらによって入れ歯は強固に口の中で安定します。状況によりさまざまな治療オプションがありますので、まずはご相談下さい。

症例1 アンカーヘッドシステム


インプラントの上にオス、入れ歯の内側にメスのコネクターがあり、これによって強固に維持されます。さらに、入れ歯の大きさも、通常と比較して小さく設計できます。

症例2 アンカーヘッドシステム


症例1と同様に、インプラントの上にオス、入れ歯の内側にメスのコネクターがあり、これによって強固に維持されます。

症例1 バーにより連結されたシステム


この症例では、非常に噛む力が強く、また顎の位置関係が正常ではなかったため、強固に入れ歯を支える必要がありました。そのため、上顎のインプラント4本はバーシステムで連結してあります。

★バーにより連結されたシステムと、アンカーヘッドとで、長期予後に統計的な差はありません。(2001、A.O.の研究論文より)