院長紹介
トップページ > 院長紹介|院長プロフィール

院長プロフィール


■ 院長

久保田 敦  Atsushi KUBOTA DDS., PhD., JBDA..

歯学博士・日本歯科麻酔学会認定医
ペンシルベニア大学歯学部・歯周治療学・非常勤教授
University of Pennsylvania, School of Dental Medicine
Department of Periodontics, Adjunct Professor


■ 学歴

●愛媛県立宇和島東高校理数科卒業
●東京歯科大学卒業
●東京歯科大学大学院卒業(歯科麻酔学専攻)・歯学博士
●ハーバード大学歯学部大学院卒業(歯科インプラント学専攻)


■ 職歴

●東京都立墨東病院歯科口腔外科 非常勤医員
●東京大学医学部付属病院麻酔科医員
●クボタ歯科医院(愛媛県宇和島市)勤務
●ペンシルベニア大学歯学部・歯周治療学・非常勤臨床助教授


■ 所属

●Internaional College of Dentists Japan Secion
●国際歯科学士会日本部会 フェロー
●アストラインプラントシステム・ベーシックコース公認トレーナー
●日本歯科麻酔学会 会員・認定医
●日本口腔インプラント学会 会員
●Academy of Osseointegration アクティブメンバー
●European Association of Osseointegration アクティブメンバー
●American Academy of Periodontology インターナショナルメンバー
●SIRG(四国インプラントリサーチグループ)会員・理事

アストラテック社より認定証

■ 原著論文一覧
The Negative Effect of Combining rhBMP-2 and Bio-Oss on Bone Formation for Maxillary Sinus Augmentation.
著作者 : Kao DW、Kubota A、Nevins M、Fiorellini JP. 年度 : 2012年
掲載媒体 : Int J Periodontics Restorative Dent. 2012 Feb;32(1):61-7.

米国インプラント・歯周病治療における再生医療の現状
Current Practice of Regenerative Medicine in Dental Implant and Periodontal Therapy in the USA

著作者 : 久保田 敦  年度 : 2008年
掲載媒体 : 国際歯科学士会に本部会雑誌 第39巻一号 2008年8月

Preemptive Analgesia Given by General Anesthesia Combined with Block Analgesia Inhibits Intraoperative Stress Responses and Reduces Anesthetic Requirements:Evaluation by New Quantitative Assessment of Hemodynamic Stability
著作者 : Atsushi Kubota、 Yuzuru Kaneko  年度 : 1997年
掲載媒体 : Dentistry in Japan、 Vol.33pp.116?121 March,1997

低濃度吸入麻酔に伝達麻酔を併用したPreemptive Analgesiaによる術中ストレスの抑制効果 ―循環変動の新たな定量評価法による検討を加えて―
著作者 : 久保田 敦、金子 譲  年度 : 1995年
掲載媒体 : 日本歯科麻酔学会雑誌、第23巻第3号、1995

三叉神経感覚誘発電位による伝達麻酔効果の判定方法の検討
著作者 : 久保田 敦、金子 譲  年度 : 1994年
掲載媒体 : 日本歯科麻酔学会雑誌、第22巻第4号、日本歯科麻酔学会1994


イソフルラン・笑気麻酔時における口腔粘膜血流量の変化
著作者 : 久保田 敦、五十嵐 祐、福田 謙一、平山 明、
  鈴木 陸麿、櫻井  誠、一戸 達也、金子 譲
年度 : 1994年
掲載媒体 : 日本歯科麻酔学会雑誌、第21巻第2号、日本歯科麻酔学会1993


■ 学術活動
<1998年〜2002年>
ITI・ハーバードコース 講師・コースオーガナイザー

<2000年>
日本口腔インプラント学会近畿北陸大会(福井)にて教育講演

<2002年>
Japanese ITI congress にてSpeaker

<2004年>
「デンタルコンセプト21 2004講演会」銀座ガスホー ル(東京)にて講演発表

<2005年>
「O.J.ミッドウインターミーティング」にて講演発表
「デンタルコンセプト21 2005講演会」東京コンファ レンスセンターにて講演発表

<2006年>
「Astra-tech World Symposium N.Y. 」にてポスター発表
発表内容は、論文投稿され、近々英文にて掲載予定
「第5回日本国際歯科大会」 パシフィコ横浜にて講演発表

<2009年〜現在>
ペンシルベニア大学CEコースでの講演
その後、各地にて講習会・講演会、歯科医師会での学術講演、学会誌投稿、商業誌掲載多数